アイデアが広がっていかない原因:マインドマップ実践日記

Top >  マインドマップの書き方・コツ >  アイデアが広がっていかない原因

アイデアが広がっていかない原因

マインドマップを覚えたころはシンプルなルールであるにも関わらず、そのルールを守らず自分なりに書いていました。

そうすると、マインドマップの良さである『アイデアが広がっていく』という感覚を感じることができませんでした。

『いまいちアイデアが広がらないな~』と思っていました。

その原因としては

『ワードを文章で書いていたこと』

『メインブランチ(最初の枝)を抽象的なワードで書いていなかったこと』 

が大きな原因だったと自分では考えています

まず、文章でワードを書くとそこで終わってしまいます。

たとえば、昨日『ルーキーズ』という映画を観たのであれば

『ルーキーズの映画を観た』

と書くよりも『映画』と単語で書くべきです。そうすると

『映画』→『邦画』→『ルーキーズ』→『森田まさのり』→『ろくでなしブルース』→『中学生』→『ボクシング』

※中学生の頃、『ルーキーズ』と同じ作者の森田まさのりさんの『ろくでなしブルース』を読んでボクシングに憧れたという私なりの連想です。

メインブランチのワード選びが上達しないとセミナーをマインドマップでメモすることができないです。
言葉でうまく説明できませんが、たくさんマインドマップを書いて体得してください。

→ マインドマップを使った資格試験勉強法の詳細はこちら

マインドマップの書き方・コツ

関連エントリー

マインドマップをどのように使っているのか? アイデアが広がっていかない原因 あなたが書いているのは本当にマインドマップですか? セントラルイメージは重要 文字を丁寧に書くと記憶に残りやすい ブレインストーミングとマインドマップ 他の人のマインドマップを真似して描く イメージを使うことを覚えました マインドマップが上達する一番のコツ 他の人のマインドマップを見る 七つのルール アイデアが広がっていかない時は イラストが描けない時は・・