子供の時の気持ちを思い出します:マインドマップ実践日記

Top >  マインドマップ日記 >  子供の時の気持ちを思い出します

子供の時の気持ちを思い出します

マインドマップを一生懸命描いていると夢中になって知らず知らずにうちに1時間がほどたってしまうことがあります。ほとんどの方がマインドマップを描いていると時間が短く感じられるといいます。

これはこの作業が楽しいからだと思います。

お絵かきをしている感覚です。

この状態になることが学習にはいい状態なのです。
右脳と左脳のバランスがとれた状態で発想力・記憶力も向上します。

逆にいやいや勉強したものはなかなか頭に入りません。
ですから楽しむということが本当に大切なことなのです。

→ マインドマップを使った資格試験勉強法の詳細はこちら

マインドマップ日記

関連エントリー

罫線なしのノート 本当にやりたいことがわかりました マインドマップ検定の7級に合格しました マインドマップ検定を受検してきました 話があっちこっちに飛ぶ人のマインドマップ マインドマップ検定を申し込みました 会議のメモにマインドマップを使いました 紙が小さいと感じるようになってきました 右脳の向上はわかりにくい マインドマップを継続する人って少ないんですね 何度も見返します 一ヶ月毎日継続してみて これまでの自己啓発で続いているのはマインドマップだけです インストラクターのマインドマップ 裏紙に描いています 手帳をつけていて違和感を感じるようになってきました やはりマインドマップは記憶が蘇りやすいです 一日に一つ手帳にイラストを描いています 子供の時の気持ちを思い出します ストレス解消にはマインドマップ マインドマップの効果は?? 最近、パソコンを使わず手で書くことを意識しています。 悩んだ時にはマインドマップ 色付きで書くことの大切さ 記憶するにはイメージが重要ですね~ とにかくボールペンで描いてます ちょっと自慢です 初めはピンと来ませんでした 変わったこと マインドマップセミナーを受講してみて