ブレインストーミングとマインドマップ:マインドマップ実践日記

Top >  マインドマップの書き方・コツ >  ブレインストーミングとマインドマップ

ブレインストーミングとマインドマップ

マインドマップはブレインストーミングの考え方を取り入れることが重要です。

ブレインストーミングとはアイデアを否定せず、どんどん出していくことです。それによっていろんなアイデア同士がつながって新しいアイデアが生まれることがあります。

以前、ブレインストーンミングでアイデアを出すという会議をやりました。この方法でアイデアを出すとどんどんアイデアが出てとまりません。自分の中で脳を縛り付けていたものが外れたような感覚がありました。

それ以降、自分の頭の中でアイデアが浮かんでもアイデアを否定しなくなりました。これまででしたら『これは実現不可能かな~』とか『人に言っても否定されそうだな』という思いが強かったので、自分の中で自動的に浮かんだアイデアを削除していました。今はアイデアがどんどん浮かぶようになりました。

基本にマインドマップもこの考え方がないとアイデアが広がっていきません。
とてもとても重要です。

→ マインドマップを使った資格試験勉強法の詳細はこちら

マインドマップの書き方・コツ

関連エントリー

マインドマップをどのように使っているのか? アイデアが広がっていかない原因 あなたが書いているのは本当にマインドマップですか? セントラルイメージは重要 文字を丁寧に書くと記憶に残りやすい ブレインストーミングとマインドマップ 他の人のマインドマップを真似して描く イメージを使うことを覚えました マインドマップが上達する一番のコツ 他の人のマインドマップを見る 七つのルール アイデアが広がっていかない時は イラストが描けない時は・・