イメージを使うことを覚えました:マインドマップ実践日記

Top >  マインドマップの書き方・コツ >  イメージを使うことを覚えました

イメージを使うことを覚えました

マインドマップを描くようになってから『記憶』というものは『イメージ』を使ったほうが断然残りやすいということが実感できました。

何かを覚える時は普段でもできるだけイメージと結びつけています。マインドマップの本に載っていた方法を使っています。

1→イチゴ
2→ニンジン
3→サンダル
4→ヨット
5→ごま塩
6→ロケット
7→七面鳥
8→蜂
9→クジラ
10→ジュース

のように数字にイメージをつけます。

たとえば『14』という数字を覚えておくのなら

『イチゴがヨットを運転している』

などとわけのわからないイメージをします。
変わったイメージのほうが記憶に残りやすいです。

→ マインドマップを使った資格試験勉強法の詳細はこちら

マインドマップの書き方・コツ

関連エントリー

マインドマップをどのように使っているのか? アイデアが広がっていかない原因 あなたが書いているのは本当にマインドマップですか? セントラルイメージは重要 文字を丁寧に書くと記憶に残りやすい ブレインストーミングとマインドマップ 他の人のマインドマップを真似して描く イメージを使うことを覚えました マインドマップが上達する一番のコツ 他の人のマインドマップを見る 七つのルール アイデアが広がっていかない時は イラストが描けない時は・・